読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EvernoteからGoogle Driveに移行しました

f:id:tosh-y:20160408171714p:plain ここ2年ほど、Evernoteを使ってきましたが、PC版/iOS版ともにあまりに重い。そして利便性が向上するようなアップデートがほぼ無い。そんな状況に耐えかね、Evernoteの代替サービスを探していました。

探すにあたって、僕のEvernoteの使い方をまとめてみると、こんな感じになりました。

  • メモはテキストメインで、たまに画像を添付する
  • PDFは注釈を書き込まずに、単品で保存する
  • 目的の情報を探すときは、タグやフォルダを駆使するのではなく、検索を使う
  • PC版に加えて、iOS版をよく使う


これを踏まえて、サービスを長く続けてくれそうなMicrosoftOneNoteか、Google Driveを検討してみます。

OneNoteiOS版の出来が悪いとの評判なので、却下。ならばGoogle Driveは、と試して分かったことを以下にまとめました。


Google Driveの良い点

  • 検索が強力
    • さすがGoogleという検索能力。Evernoteと違い、複数のクエリも受け付けてくれます。
  • Evernoteの有料機能が無料で使える
    • iOS版でのファイルのオフラインアクセスと、編集履歴を遡れる機能が使えます。ただし、編集履歴の保持期間は1ヶ月です。
  • 動作が軽い
    • ブラウザ版は通信待ちが多少発生しますが、Evernoteよりはサクサク動いてくれます。
    • iOS版も軽いです。
  • iOS版の利便性が高い
    • 僕がアウトライナー大好きで、箇条書きとインデントをよく使うのですが、それらのショートカットキーが常時表示されているのが便利です。


Google Driveの不満点

  • Evernoteのような3ペイン表示がない
    • ひとつのウィンドウでファイル一覧と、そこで選択したファイルの中身を見れると便利です。
  • ストレージ容量に上限がある
    • といってもGoogle Driveの無料プラン15GBに対し、僕のEvernoteのノートは1700個で3GBしかなかったので、当面は大丈夫です。
    • クラウドストレージの単価は年々下がるため、使用量が増える頃には無料プランの容量も増えてると思うので、あまり問題ないかと。


僕の使い方だとGoogle DriveEvernoteの上位互換という感じだったので、Google Driveに移行することにしました。

移行方法は下記のサイトを参考にしてます。

EvernoteからGoogle Driveに移行する方法 | こうりつーる

最近のEvernote社はネガティブなニュースが多くて、サービスの先行きに不安を抱えてたのですが、無事に代替サービスに移行できて満足です。